具体的な副作用とその対処法

(6)倦怠感・だるさ

抗がん剤治療開始後2〜3日目に全身倦怠感が出てきます。

原因は明確ではありませんが、体が、がん細胞を取り除いたり、抗がん剤に対する体の反応により余分なエネルギーを使用することが考えられています。

また、がん細胞が死滅する時に細胞から自然に放出される、サイトカインと呼ばれる物質が一因とも考えられています。

治療に伴うストレスも倦怠感を悪化させる一つです。

倦怠感は周期性があり、次回治療開始前には回復してきます。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/40259505

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。