具体的な副作用とその対処法

(5)ー1)出血に気をつけること

@主治医から処方されている以外の薬を飲む時には、必ず主治医に相談してください。
 (アスピリンや、アスピリンを含まない鎮痛剤の場合も同様です。
  一般に市販されている薬の中には、出血傾向を強める物もあります。)

A歯ブラシは、柔らかいものを使用しましょう。

B鼻をかむときは、つよくかまないでください。

C鼻の中を、指でいじったりしないようにしましょう。

D事故による大量出血は命にかかわりますので、車を運転したり、機械を操作する際は、十分に気をつけましょう。

E過激な運動は慎みましょう。

Fハサミやナイフ、包丁などを使う際は、怪我に十分注意しましょう。

G飲酒は慎みましょう。

H出血の兆候がある場合は、主治医に報告してください。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/40196258

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。