具体的な副作用とその対処法

(5)出血

抗がん剤治療開始後7〜10日目頃から、血液をつくる働きが低下してきます。

血小板が減少してくると、ちょっとした傷でも、血が止まりにくくなったり、打ち身などでを起こしやすくなることがあります。

皮膚に斑点がでたり、鼻血や、歯肉からの出血、血尿がでたり、便が黒くなるようなことがあれば、必ず主治医に報告してください。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。