はじめに

私たちがん患者が安心して治療を受けていく為には、治療中や治療後の安全を確認できる体制の中で、患者自身が異常を感知し、報告しやすい環境を整え、お互いのコミュニケーションを大切にする必要があります。

起こりやすい副作用の対処の仕方や治療を受けながらの生活について、前もって知識や情報があれば化学療法が安心で安全かつ納得して受けていくことができます。

そう考えて、このホームページを作成しました。

具体的な副作用とその対処法

(8)−1)下痢が続くとき

@1回の食べる量を少なめにし、回数を増やすようにしましょう。

A繊維質の多い食品は避け、お粥、うどん、じゃがいもなどの消化の良いものを食べるようにしましょう。

B脂っこいもの、香辛料をきかせた料理、コーヒー、紅茶、アルコールは避けましょう。

Cカリウムの多い食品(りんご、柑橘類など)を摂りましょう。

D湯冷ましや、薄めて冷ましたお茶で十分に水分を摂りましょう。

Eスポーツ飲料は、室温に戻したものを飲みましょう。

具体的な副作用とその対処法

(8)下痢

抗がん剤治療開始後に起こる下痢は、大きく分かれます。

一つは早発性下痢です。

これは抗がん剤を受けた当日に起こることが多いと言われています。

抗がん剤治療開始数日から2週間頃に起こる下痢を遅発性下痢と言います。

普段、自分の便の性状を観察しておき、異常があれば、どんな便が、いつから、どのくらい(回数)出るようになったのか、メモしておくとよいでしょう。

1日に何度も下痢が続く場合(1日5回以上のもの)、あるいはさしこむような腹痛があって下痢をしている場合には、主治医の診察を受けてください。

特に、塩酸イリノテカン(商品名:カンプト、トポテシン)で治療している方で発熱を伴う下痢は、注意が必要ですので、主治医に連絡してください。

具体的な副作用とその対処法

(7)-1)口内炎のため、食事がとれない場合

@こまめにうがいをしましょう。
 うがい薬がしみる場合は、緑茶でのうがいをお勧めします。

A熱い食事は、口やのどに刺激となるので、冷たい物あるいは、室温程度に冷めたものを食べるようにしてみましょう。

Bなるべく柔らかいものを食べましょう。

C酸味の強いもの、スパイスをきかせた料理、
 塩辛い料理、水分の少ない食べ物は、
 なるべく食べないようにしましょう。

具体的な副作用とその対処法

(7)口内炎

抗がん剤治療開始後5〜14日目頃から、口の中がヒリヒリする症状が出てくることがあります。


口内炎の予防

@化学療法を受ける前に歯科検診を受け、口腔内をチェックしてもらいましょう。

A歯茎を痛めないように、柔らかい歯ブラシを使用し、食事の後は、きちんと歯を磨きましょう。

B歯ブラシを清潔に保つよう心がけましょう。

C口の中がしみたり、口内炎や口内潰瘍による痛みが生じるようであれば、主治医または、看護師、薬剤師にお知らせ下さい。

D科学療法を受けているときは、歯科検診について主治医にご相談ください。

具体的な副作用とその対処法

(6)−1)『だるい』ときの過ごし方

@十分な休息・睡眠をとりましょう。

Aできるだけ体を休め、必要のないことは後にすることにしましょう。

Bゆっくりと体を動かすことにしましょう。
 (椅子から立ち上がるなどの動作をゆっくりする。)

C気持ちにゆとりを持つように、音楽や読書などを心がけましょう。

D軽い運動をするようにしましょう。
 (治療を受けた当日は避けてください。)

E買い物・育児・家事・運転などは、できるだけ家族や友人に手伝ってもらいましょう。

F趣味などで気分を紛らわせましょう。

具体的な副作用とその対処法

(6)倦怠感・だるさ

抗がん剤治療開始後2〜3日目に全身倦怠感が出てきます。

原因は明確ではありませんが、体が、がん細胞を取り除いたり、抗がん剤に対する体の反応により余分なエネルギーを使用することが考えられています。

また、がん細胞が死滅する時に細胞から自然に放出される、サイトカインと呼ばれる物質が一因とも考えられています。

治療に伴うストレスも倦怠感を悪化させる一つです。

倦怠感は周期性があり、次回治療開始前には回復してきます。

具体的な副作用とその対処法

(5)ー1)出血に気をつけること

@主治医から処方されている以外の薬を飲む時には、必ず主治医に相談してください。
 (アスピリンや、アスピリンを含まない鎮痛剤の場合も同様です。
  一般に市販されている薬の中には、出血傾向を強める物もあります。)

A歯ブラシは、柔らかいものを使用しましょう。

B鼻をかむときは、つよくかまないでください。

C鼻の中を、指でいじったりしないようにしましょう。

D事故による大量出血は命にかかわりますので、車を運転したり、機械を操作する際は、十分に気をつけましょう。

E過激な運動は慎みましょう。

Fハサミやナイフ、包丁などを使う際は、怪我に十分注意しましょう。

G飲酒は慎みましょう。

H出血の兆候がある場合は、主治医に報告してください。

具体的な副作用とその対処法

(5)出血

抗がん剤治療開始後7〜10日目頃から、血液をつくる働きが低下してきます。

血小板が減少してくると、ちょっとした傷でも、血が止まりにくくなったり、打ち身などでを起こしやすくなることがあります。

皮膚に斑点がでたり、鼻血や、歯肉からの出血、血尿がでたり、便が黒くなるようなことがあれば、必ず主治医に報告してください。

具体的な副作用とその対処法

(4)ー1 感染を予防する方法

@手洗いとうがいの励行。

A排便後の肛門周囲の清潔を心がける。

B人ごみは避ける。
 必要なときは、マスク等で予防する。

C傷をつくると感染しやすいので、刃物に注意する。

D髭剃りは、電気かみそりを使う。

E歯ブラシは、毛先の柔らかいものを使う。 

F吹き出物をつぶさない。

G料理やアイロンがけ時は、火傷に注意する。

H入浴やシャワーを毎日欠かさないようにする。

I皮膚の乾燥・ひび割れ時は、クリームを使用する。

J庭いじり等をするときは、手袋を着用する。

K絶対に、主治医の許可なしに予防接種を受けない。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。